医学部予備校の選び方について

息子が医学部進学を宣言

息子が医学部進学を宣言 / 国立医学部受験にはセンター試験が / 予備校をしっかり選ぶということが合格の決めて

息子が医学部進学を宣言したのは、高校2年の終わりです。
一般的に医学部受験というと中学から志望していたり、高校1年くらいから専門の予備校にいって勉強を始めるというのは普通です。
でも我が家はかなりスタートが遅れていたのでかなり焦りました。
ただ、息子が通っていた中高一貫校は、進学校だったということと、だれもが東大や京大を目指していく学校という環境にあったために、参考にしたい知り合いがたくさんいたのが幸いでした。
その中で、息子さんが医学部にはいったという知り合いをみつけては、どこの予備校に通わせたのかとか、どのような勉強法をしたのか、どこの学校を目指したのかなどを具体的に質問できる環境にあったのはラッキーなことでした。
ただ我が家の場合は、医者でも弁護士でもない普通の家でしたから目指すとしても国立医学部で決して私立にはいかないということで課題が多くみつかったのです。

二回目の浪人はないと考え医学部受験のために予備校に通った

多少の不運もありましたが一回目の医学部受験は失敗に終わり、浪人をすることになりました。
滑り止めで妥協をするということも一瞬考えたのですが、それをしてしまうと一生引け目を感じてしまうのではないかと思い、一浪して第一志望の医学部を再度目指すことにしたのです。
しかし、一回は浪人をすることができても二回目はないと思っていたので、第一志望を目指すのであればこれがラストチャンスでありこの一年は勝負だと考えていました。
今から思えば現役の時にもっとできることもあったのではないかと思うのですが、その時には不安がありながらもなんとかなるという甘い気持ちでいたために、浪人という憂き目にあうことになってしまったのです。
同じ轍を踏む訳にはいきませんでしたし、二回も不合格になるようなことがあれば一生立ち直ることができないほどの心の傷を負ってしまうのではないかと危惧をしていたため、絶対に合格をするためにも予備校に通うことになりました。
一浪をしていると言うだけでも家に迷惑をかけている中、更に予備校に通うというのは心苦しいものがありましたが、それだからこそ絶対に合格しない訳にはいかないと言う気持ちになっていました。
予備校も医学部受験に強く、合格実績も多数あるところでしたから環境に関しては完璧なものがありました。
それから、受験に向けての戦いが始まったわけですが、予備校の高いレベルの講義を受けるとそれだけで行けるのではという気持ちになることができました。
現役のときには普通の塾に通っていて特に対策もしていなかったのが仇となった部分があり、あの時から今の予備校に通っていれば受かっていたのではと思わせるほどの指導力がありました。
もちろん、全てが順調というわけではなく途中で何度も今度は大丈夫だろうかという不安に襲われたこともありましたし、勉強をしていてわからないところがあるとこんなところで躓いていては、また不合格になってしまうのではと思ったこともありました。
それでも、不安になったときには講師が優しく励ましてくれて、わからないところを親切に分かりやすく教えてくれたことで少しずつ不安も払拭されることになりました。
最初の半年は自分の成長をあまり感じることができなかったのですが、それを超えてからは途端に学力が伸びたことを実感することができ、受験に対しても自信というのが湧いてきたのです。
絶対に合格をするというほどの物ではありませんでしたが、今の実力であれば十分に合格を望むことができるし、駄目だったらそれはそれで仕方がないと思えるぐらいにまで成長をしていました。
そして、いよいよ二回目の医学部受験の日がやってきて、あとは全力を出し切るのみと試験の挑むことになりました。
緊張はしていましたが不安はなく、悔いのない受験にしようと思っていたので問題用紙が配られたときには一通り問題を冷静にチェックをすることができました。
一番最初に受けた試験の問題を一通り眺めて躓きそうなところが見当たらなかったときには緊張も解け、スムーズに問題を解いていくことができたのです。
試験は順調に進んでどれも自分なりには、しっかりとできたという会心の出来でした。
まず受かっただろうという気持ちがあったので、前回の失敗したときのような不安はありませんでしたが、それでもさすがに合格がはっきりするまでは落ち着きませんでした。
駄目だったら今度こそ滑り止めで妥協するしかないなと合格発表の前日には弱気になっていたのですが、当日合格がわかったときには今までの努力が報われたという気がして本当に嬉しかったです。
浪人が決まったときには一年という時間は長いものに思えましたが、終わってみれば短い一年でした。

おすすめの医学部予備校医学部専門予備校 プロメディカス