医学部予備校の選び方について

予備校をしっかり選ぶということが合格の決めて

予備校をしっかり選ぶということが合格の決めてだと思いますし、選び方といえば体験授業をうけたり、先生と話してみることで自分との相性がわかると思います。
息子もマンツーマンの授業でしたから、正直にいえば合わない人もいました。
そんなときは正直に、担当の方に別の先生にしてほしいとお願いしました。
それはその先生に問題があるということでなく、自分との相性が合わないと感じたからです。
息子の場合は本当に時間がなかったために、しばらく様子をみるとか我慢して授業をうけるという時間もなかったので、そこはかなり割り切って担当の先生にお願いしました。
その結果、心から信頼できる先生に教えてもらうことができて、現役で合格することができました。
予備校選びも大事ですがいい先生との出会いはとても大事です。

息子が医学部進学を宣言 / 国立医学部受験にはセンター試験が / 予備校をしっかり選ぶということが合格の決めて